Tag Archives: order

プレオーダー受付始まってます。

COTFsmallrlp2088---motorpsycho_-child-of-the-future-_lp_当初の発表より遅れること2ヶ月あまり、8月7日にリリースされる、レコードのみのアルバム、「Child Of The Future」のプレオーダーが、Stickman Records、Rune Grammofon、両方のweb siteで受付開始されています。RGは本日、先ほど始まったところ、Stickmanのほうは17日から始まっています。掲載したジャケットは左がStickmanのもの、右がRGのものです。今回もレーベルによってデザインが微妙に異なっているようです。

Rune Grammofonのサイトには詳しいアルバムの説明もあります。

”Child Of The Future” consist of six trademark Motorpsycho high energy rockers recorded by Steve Albini in his Chicago studio and bearing the classic hallmarks of great riffs, that driving tractor bass and some truly inspired guitar work. The slightly Zeppelin-esque ”The Waiting Game” is more acoustic and recorded at home. Motorpsycho, and indeed Rune Grammofon, have always been fans of music dating back to the late 60s and the 70s, also when it comes to production values and presentation. It should not come as a shock to anyone, especially not to the fans, that they have chosen to release this album on vinyl only, at least for the time being. Seeing as it is an analogue recording engineered by Steve Albini it only felt natural to release it in the format that many still consider to be the ultimate sound carrier. This sentiment also goes for the possibilities of the cover format, something Kim Hiorthøy has taken advantage of when doing this sleeve. The main sleeve has two die-cuts and has print on the inside, there is a thick colour inner sleeve and there is an amazing 60×60 poster with colour print on both sides. And before we forget, the vinyl itself is 180g and glorious white. Simply a great package and a great way to celebrate 20 years as a band.

”Child Of The Future” は、Steve Albiniにより、彼のシカゴのスタジオで録音された6曲のMotorpsychoのトレードマークであるハイエナジーなロックにより成り立っている。折り紙付きの素晴らしいリフ、ドライブし牽引するベースにいくつかの本当の意味でインスパイアされるギターワーク。まさにZeppelinのような ”The Waiting Game”はもっとアコースティックで、家で録音されたもの。Motorpsycho、そして実際にRune Grammofonは常に60年代後期から70年代の音楽のファンであり、また、作られたものの意義と提示に関して、ということでもある。誰にも衝撃をもたらすべきものではない、特にファンではない人たちにとってはであるが、少なくとも今回は、彼らがこのアルバムをヴィニール(レコード)のみでリリースすることを選んだということ。Steve Albiniによるアナログレコーディングであるということをかんがみれば、そのフォーマットでリリースするということは単純に自然なことであると感じられるし、多くの人は未だに究極のサウンドキャリアと考えているであろう。この感情は、また、カヴァー形態の可能性についても向かう、このアルバムジャケットを制作するにあたって、Kim Hiorthøyがそれを巧みに生かした。メインスリーブ(ジャケット)は二つに型抜きされており、内側に印刷されていて、分厚いカラーのインナースリーブと素晴らしい60×60の両面プリントのポスターがついている。そして忘れる前に、ヴィニールそのものは180gで輝かしい白である。ただ単に、非常に素晴らしいパッケージであり、バンドの20周年を祝うには最高の方法である。

Motorpsychoはとにかくレコードリリースにもずっとこだわってきたバンドだし、年代的に言ってもレコードで最初に音楽に触れた世代。書かれているように、そういった時代の音楽についての造詣はあまりにも深く、未だにそういったあたりはまめにチェックしているようだし、彼ら自身が非常に満足したレコーディングをレコードのみでリリースするというのは、わたしのようなファンにしてみれば別におかしなことでもなんでもないのだけれど、もちろん、若い世代のファンはこの時代になんでレコードだけ!?という意見も相当ありました。かなりけんけんがくがく討論されてもいたようですが、結局は彼らの音がとにかく聞ければいいんです(苦笑)。Rune Grammofonもレコードのみで発売されるというアナウンスがされた時に、レコードプレーヤーを手にするいいチャンスなんじゃないのかな?といったことを書いておりましたし、なにはともあれ、発売されたあと、また色々な意見が飛び出してくると思いますが、この問題?作は8月7日に正式にリリースされます。

DVDのオーダー受付始まりました。

Stickman Recordsの久々のニューズレターが入ってきました。即座にg35にも転送されてました。

It’s hard to believe that the Motorpsycho deluxe 2DVD is actually here! We’ve been working on this project for years, and there have been many delays and hiccups along the way. In fact, I’ve called this project “doomed” and “jinxed” more times than I care to remember over the past couple of years (and even more often during the past six months) But it’s here, it’s ready, and it can be shipped out the door immediately.

すでにDVDは手元にあるとのことで、すぐ発送出来るとも書かれています。

郵便料金がいくらになるのかわかりませんが、おそらく日本に入ってくるのはなかなか難しいと思われますので、直接オーダーするのが速いとは思います。またはドイツ系あるいはヨーロッパ系のオンラインショップとか…あとはHMVだけどどうだろう〜という感じかな…。何はともあれ見るのが非常に楽しみです。

Total running time 5 hours and 45 minutes!

Tracklist
Videos:

- Grinder
- Have Fun
- Sheer Profundity
- Another Ugly Tune
- Nothing To Say
- Wearing Yr Smell
- Feel
- Now It’s Time To Skate
- Watersound
- Mad Sun
- The Nerve Tattoo
- Manmower
- Sinful Wind-Borne
- Starmelt / Lovelight
- Hey Jane
- The Other Fool
- Walkin’ With J.
- High Time
- The Slow Phaseout
- Go To California
- Serpentine

Documentaries:

- This Is Motorpsycho (1995)
- Noorse Helden (2000)

Live:

- Roadwork III: The Four Norsemen Of The Apocalypse – Live at The Paradiso, Amsterdam, November 23rd, 2002

Bonus Documentary:

- Another Ugly Tour (1994, alternate cut)

Extras:

- Mad Sun (1996, acoustic)
- S.T.G. (2000, live at Samfundet, Trondheim)
- Plan #1 (2000, live at Samfundet, Trondheim)

DVDリリース正式にアナウンス。

Haircuts Motorpsycho On FilmやっとStickman Recordsからも正式にアナウンスがありました。

HAIRCUTS – MOTORPSYCHO ON FILM
It’s taken us literally years to get this project together, with all kinds of bumps along the way. But finally – it’s here!

21 videos, documentaries, live footage, and various other surprises – 5 hours and 45 minutes in total!

On May 16th, the deluxe double-DVD “Haircuts – Motorpsycho on Film” hits the shops. You can preorder it – and the new Monochrome album – through the mailorder starting next week.

Stickmanの発売日は5月16日。プレオーダーは来週からの予定だそうです。それにしても、この表紙…。どこまでいってもらしいですね。

入荷速報。

とりあえずメモです。

東京の知ってる人はもちろんご存知のレコード店、Warszawaさんの4月25日付けの入荷速報にLLMのことが書かれています。CD、2LPともに在庫があるようです。でもね…説明思い切り間違ってます…。メンバー説明がむちゃくちゃです…くすん…。現在のドラマーはKenneth Kapstad、でもってSnahはHans Magnus ‘Snah’ Ryanです。どうして17-18年も前に脱退したメンバーの名前がでてくるんでしょう…どっから資料がでてるのやら。やっぱりマイナーすぎるんですかね…MPって。

Disc Unionにもあります…こちらはCD、在庫有りになっています。

amazon.co.jpではamazon自体は3週間から5週間で変わりはないものの、アメリカやイギリスの業者からの発送になるマーケットプレイスでは結構安い値段ででています。こちらのほうが早くてお得かもしれません…。国内ではユーロ高のせいか3000円近い値段がついていたりなので(プラス送料となると結構するなぁという印象)。

hmvではドイツのStickmanバージョンもカタログに掲載されています。

コレクターズエディションビニール。

Rune GrammofonのサイトでLLMの500枚限定のマルチカラーレコード盤の発売がアナウンスされています。また、限定のT-shirt(オスロのBig Dipperでバンドルされていたものと同じと思われます)と一緒だと別々に買うよりいくらか安くなっていたりもしています。レコードのジャケットは先に発売されているレコードバージョンと同じで変更は無いようです。再プレスはしないということで、コレクター向けのリリースと書かれています。

オーダーする場合は、左のナビゲーションの「Artists」をクリック、次に表示されたページでMotorpsychoをクリック。するとMPのリリースが表示されますので、そこからオーダーしたいものを選んで下さい。日本向けにはもちろん送料がかかりますのでお忘れなく。

追記:
もともとレコードバージョンについてもリミテッドではない、とRune Grammofonから以前アナウンスがあり、最初にプレスしたものはすぐに売り切れたものの、すぐに補充された模様。このコレクターズエディションはそのノーマル「限定ではない」バージョンとは全く別の今回だけのリリースです。