Tag Archives: japan-edition

今更ですが…日本盤!

7月23日に無事に発売されております。

もちろん、Stickman Recordsよりのライセンスということで、ジャケットデザインはStickmanリリースのものがベースです。というわけで、巷に出回っていると思われるRune Grammofon盤のジャケットデザインとは若干違うものというわけで、Stickmanリリースの方が入手が難しいと思うので、RG盤とP-Vine盤を揃えればばっちりということで…よろしくお願いします。

もちろんこのアルバム、1曲が長いので、ラジオでかかるとかいうことはほぼあり得ないのだとは思うんですが、様々な雑誌のレビューやインフォメーション、あるいはネットの情報から興味を持っていただけたら本当に嬉しく思います。

Rockin’ Onにレビュー掲載されてます。

Twitter etc. friendにおとつい教えてもらいました(…音楽雑誌って普段ほとんどチェックしてなかったりでうとくてすみません…)。

良いレビューだと思います。興味を持ってくれる人がいたらいいなと思ってます。

今後、23日の発売に伴い、他の雑誌などにもレビューが出てくると思いますので、チェックしてみて下さい。

CDジャーナルに日本盤発売紹介載りました。

やっと、確実なソースに紹介されました。

モーターサイコの最新作、日本盤が登場!

う〜ん、Kennethはそのバンドで有名というわけではないと思うんですが…(てよりそのバンド知ってる人って日本にどれくらいいるのだか…)。

Kennethに聞いたところ、もちろんもともとメタルから入った人なのですが(最初はBlack SabbathのParanoid、Deep PurpleのIn Rockから聴き始めたそう。インタビューによれば、お父さんのコレクションにあったらしい)、学校で音楽を勉強し始めたら、先生がジャズのプレーヤーで、それれでジャズにもとても興味を持つようになって勉強を続けているとのこと。実はまだコンセルヴァトワール在籍中、「ほんとは今試験中なんだよね〜帰ったらそれもやっつけないと…」とツアー中に言ってました。さらにはノルウェイブラックメタル創世記あたりからいるThornsというバンドの正式メンバーで(2年前に加入)、現在そちらのリハなどで忙しいようです。どちらかというと、彼が在籍していた有名なバンドはGåte(1年間だけしかいなかったそうだけど、彼がいた時期が一番知られているかもしれない)、Animal Alpha(2年在籍。既に脱退。女性ヴォーカルのインテンスなかっこいいモダンメタルバンド)などをあげたほうが良いかもしれません。また、MonolithicというギタリストとKenneth2人の前衛ジャズユニットもやっており、こちらも非常に興味深かったりします。

国内盤は7月23日。

毎回のような気もしますが…楽天ブックスに上がってたのを発見しました。HMVにも上がって来てますTower Recordsにもあります。もちろんAmazonにも上がってますね。CDジャーナルにもありました。

初めてちゃんと日本で出るんだ、日付も決まってるんだと知りました…。日本でも出るからというのは言われてましたが、ほっとしました。そのうち、P-Vineさんのサイトにもちゃんと掲載されると思います。う〜ん、一体どういうレビューが出て来るんでしょうか。雑誌のチェックもしなくちゃだなぁ…。