Tag Archives: adressa

地元紙のインタビュー。

12月9日に発行されたもので、紹介するのが遅くなりましたが、forumに簡単な英語訳も上がっていたので。これはBentのインタビューです。どんなことを話していたかというと、

*** LLMは彼が作った数少ないベストアルバムである。
*** Alchemystは最初はThe Suiteの1部分になる予定だったが、21分は十分だろうということになった。
*** 何枚売れたかということについては触れなかったけれど、近い将来のタクシーの運転手の仕事のためにTrondheimの地図をよく読んでいるとか(冗談?それとも本気?)
*** 1時間のものをシカゴで録音したが、それを来年BergenのDuper StudioにJørgen Træenとともに持っていって、さらに8-9曲の新曲を追加するだろうとのこと。それが1曲1曲別になるか、再び壮大な組曲になるかはまだわからないとも。いわく、「でっかくて、めちゃめちゃ高価なものになる!」
*** 2008年のBentのお気に入りは、Endless Boogie «Focus Level»、Peter Broderick «Home»、Böhren Und Der Club of Gore «Dolores»それに、Elephant 9 «Dodovoodoo»。

ということは…やっぱり次のリリースはどう考えても秋とか…かなぁ…。まぁ、ライブマテリアルもがんがん録りためてるし、先日のライブはDVDになんて話もあるし、持ってるものは色々ありそうなので…まぁ、いつものようにそのうちなんか出るんだろう〜という感じで、またまた面白いことになりそうな次のアルバムなどを待ちたいと思います。何かでてきたらもちろんすぐ取り上げたいと思います。

やはり資金繰りはきびしいようです。

昨年か一昨年も地元紙にMotorpsycho Manaqgementの財政状況についての記事が出ていましたが、今年も出ていました。やはり相当財政的には厳しいようで、マイナスが出ている模様。何せ、記事のタイトルが”Minus for Motorpsycho”。さらには、彼等の持ち株の25%を売りにだしているとも。前回の記事ではその結果を受けて秋のツアーを決めた(ただし、ノルウェイ国内のみで、国外に向けてはアナウンスされたなかった)ということもあったのだけど、このあまりに素早い秋のヨーロッパツアー決定もその辺りが要因なのでしょうか。彼等の場合、ノルウェイ国内では珍しく、言っては何なのですが、ほぼ家内制手工業。外部のマネージメントなどの手を借りずにずっとやってきているわけです。それは自分たちの思うように出来るという反面、思うように稼げないというシビアな現実もあることでしょう。端からみてるとあんまりにものんきだよね…とも正直思うのですが、このスタンスを彼等がどうとらえているのか、バンド自体もとても前向きな今、バンド自身ではなく、周りの環境も変化してゆくのか…未だに彼等自身のサイトも持たず、ファンの口コミで物事が知られてゆくという変わったバンドはこういった現実に今後も立ち向かってゆくのだとは思いますが、願わくば、もう少し彼等にもラクさせてあげたいなという気持ちだったり。こういう記事が出る度にため息がでるわけです。

最新インタビュー!

地元紙はやっぱり強い…。「AlbiniがMotorpsychoをプロデュースした」というタイトルでインタビューが出ているとforumにポストが。肝心なところは英語にしてくれているのですが、

「自分たちは長い時間スタジオで過ごして来てるから、サウンドがどういうう風に良くなるか、そうプレイするかってことを知ってる。今は、ただ、その曲が十分良いかどうかを見極めるってことなんだよ」とBS (Bent)は言う。

アメリカで3回演奏したけど、それらのギグの間にあんまやることない時間があるなってわかったんで、たくさんのロッククラシックをプロデュースした男に連絡を取った…BSのフェバリットであるPixiesの「Sufer Rosa」もそのうちのひとつ。ドラマーのKennethいわく、最新のNeurosisのアルバムのドラムサウンドは彼が今まで聞いた中でベストだとのこと。

マイクロフォンを通して音を置き換えること、それはAlbiniの素晴らしいスタジオでの手腕だ。彼はそこにいた、しかし全てはバンドに託されていたのだ。

「素晴らしい体験だったよ、でもそのテープを聴く前に、いくらか離れてることが必要なんだ、アルバムを作るべきかそうじゃないかって考えるためのね」BSは言った。

そしてまた、ポストしてくれた人によれば、あとはたいしたことじゃないんだけど、肝心なのは、

「この秋に新たなツアーを予定している!!!」

とのこと。年内にもう一度ヨーロッパツアーをやるべきだというのは日本に帰ってくる前にわたしも話したんだけど、やっちゃうんですね…!!!あ〜これまた凄いことになりそうです。

地元紙にインタビュー!

アメリカから帰って初めてのインタビューがTrondheimの地元新聞紙Adressaに出ました

英語訳してポストしてくれてるforumの書き込みから拾うと、

「いくらかの新しいものを録音したけれど、それがリリースされるかどうかはわからないとのこと。

(Snah) 何ヶ月後かもしれないし、何年後かも…」

まぁ…いつものことですね。ぜひともリリースして欲しいのは当然なのですが(Albiniとやってどういうことになったのかみな知りたいのはもちろんですから)、しかし、この人たちのことなので、あんまり過大な期待はせずに、何かでたらサプライズ!みたいな感じで受け止めていたほうが良いかもしれません。

Roskilde出演はもうすぐです!何か上がって来たらまた取り上げるつもりです。