TDDU歌詞日本語訳。

この作品は物語にのっとって作られているので、でもって2枚組みのCDになっているので、音だけで判断すると途中ちょっとたいくつだなとか思う部分も…と書かれているものをいくつか見ました。

これは言語バリアーがあるから仕方ないわけですが、それもなんだか残念だなと今回は思ったので、超なんちゃって訳ですが、やってみました。2−3日でやっつけたので、多々間違いはあると思います。おまけに、なんというか、文章全体で訳さずに、行ごとにとらえてみたので、おかしいよっていうところはたくさんあると思うのですが、こういう流れのアルバムなのです、こんなことが歌われていて、それでそういう作りになっているのだということが、少し理解していただけたら、より聞くのが楽しくなるのではないかな…と勝手に思ったもので^^;

気になる方は読んでみて下さい。めんどくさ〜というひとはパスして下さい^^;;;;

OUT OF THE WOODS(森を離れて)

THE HOLLOW LANDS(空虚な土地)

They nabbed me poaching last spring
said I could choose to sail or swing
told me a cabin boy I’d be
sold me the slops, shipped me to sea made a sailor out of me…

奴らは去年の春、僕を密猟で捕まえた。
言ったのだ、僕は船で行くか、絞首刑か選べると。
おまえは船員になるだろうと、僕に話した。
衣服や寝具を僕に売り、海へと僕を送った、僕を船員にした

It seems the order was clear:
‘go see if anything’s there’
so our ship set sail
found her course, and in a month
a hundred souls slipped through the veil
to state our claim to the Hollow Land

命令は明確だった
そこに何かあるなら、行って見てくるのだ
それで僕たちの船は航海に向けて
コースを見つけて、そして1ヶ月のうちに
何百という魂があの世に逃げ出し
「空虚な土地」への僕たちの主張を明確にした

So, washed clean of our sins
we were borne before the wind
but paying heed to the muttering men
the ship is cursed, and we’ll be lucky
to ever come back home again…

だから、全ての我々の罪を洗い流してきれいにした
我々は風の前に生まれた
しかし、低い声でつぶやく奴らに気をつけろ
船は呪われている、そして幸運であれば
いつかまた家に帰れるだろう

From the Hollow Lands
it’s a fool’s errand
and a vain attempt:
a vainglorious dream dreamt…

「空虚な土地」から
それは愚か者の使命
そして、無駄な試み
虚栄心からくる夢は夢見られた

THROUGH THE VEIL(ベールの中を)

Nothing ever prepared me for this moment
nothing has led up to this ordeal
the life I knew is gone – twice over broken
and my fate is must be sealed

さしあたって僕にはこれまで何も用意されていなかった
何もこの厳しい試練に至ってはいなかった
僕が知っていた人生は去った – 2度以上壊された
そして僕の運命は封印されなければならない

How I wish I’d never seen an ocean
how I wish I’d never smelled the sea
I’ve never felt so powerless and broken:
less equal or less free…

二度と海を見ないよう、どれほど祈ったことか
二度と海のにおいをかぐことがないよう祈ったことか
これほどまでに力が無く、打ちのめされた気分だったことはない
それよりひどい、もしくは自由ではなく

Oh, but give me Nepenthe! (注:nepenthe:悲嘆や苦痛を忘れさせる薬)
Every wave a jolt from mother nature (注:jolt:俗語、ヤクの注射)
every breeze a challenge and a bait
every day a deluge or a scorching
and every single night a wait…

あぁ、けれど、僕にネペンテスをくれ!
全ての波は母なる自然からの一発
全ての風は挑戦でおとり
毎日が大洪水、あるいは焼け付くように暑い
そして全ての一晩はただ待つのみ…

Something fills the air, it’s all around us
as striking as a bolt out of the blue
the impact’s nearly rendered us unconscious
laid a mist upon the crew

何かが空気を満たし、それは全て僕らの回りに
青天の霹靂であったくらいにきわだっていた
その衝撃は、ほとんど僕らを意識不明にし
乗組員の上にかすみを横たわらせた

The radiance warms my soul and makes me dizzy
a hazy veil now disguises the abyss
its golden sheen is pregnant with such promise
why it fills my head with
blissful numbness
Going…Gone…

明るい輝きは僕の魂を暖め、めまいを起こさせる
かすみのかかったベールは、今、深海に姿を変える
その金色の輝きはそのような約束をはらんでいる
なぜそれは僕の頭を
至福で麻痺させるのか
行くのだ…行ってしまった…

I can never go back, I can never go back there
I can never go back, I can never go back
oblivion upon your lips – Lethe flows in your kiss
I could never go back, I could never go back there…
laudanum, make me numb…
I could never go back, I could never go back there
I could never go back, I could never go back…

戻ることは出来ない、そこに二度と戻ることはできない
戻ることは出来ない、二度と戻ることはできない
君の唇のうえの無意識 – レーテーの流れは君のキスのなかに
戻ることは出来なかった、そこに二度と戻ることは出来なかったんだ…
アヘンチンキ(鎮痛剤)は僕を麻痺させる…
戻ることはできなかった、そこへ二度と戻ることは出来なかったんだ
戻れなかった、二度と戻ることは出来なかった…

(注:Lethe:黄泉(よみ)の国を流れる忘却の川;その水を飲むと過去を忘れる.)

DOLDRUMS(ドルドラムス)

INTO THE GYRE(渦のなかへ)
(featuring The Acoustic Psalmon and The Maelstrom)

Third month out, becalmed for days
and now Poseidon seems
to want our progress stayed
unknown in these high latitudes
this stillness wracks our thin-streached nerves
in this endless greyness…

3ヶ月がたち、幾日か凪で進めなくなって
そして今、ポセイドンは
我々の進行をとどまらせたかったようだ
これらの高い緯度の未知の世界
この静止は僕たちの薄く伸ばされた(はりつめた)神経を破壊する
この終わりの無い薄暗さの中で…

I heard an old sailor’s tale
a yarn spun to scare
for into no gyre we’ll go -
tho’ they say they feel the Maelstrom’s tug
I cannot believe it’s true

僕は年老いた船員の物語を聞いた
冒険談はおびえさせた
渦の無い中へ僕たちは行くのに
しかし彼らは言うのだ、大渦巻きの強い引きを感じると
それが本当だなんて、僕は信じることができなかった

Days ago this sailor’s myth seemed vague
now we know how real it is
the ship rolls and pitches endlessly
the waves roll on and the eyes go dull
and the sea it pulls us

数日前、この船員の神話は曖昧だった
今僕たちは、それがいかに本当であるかを知っている
船は終わりなく縦に横に揺れ
波は襲いかかり、そして目はぼんやりしてゆく(曇ってゆく)
そして海は僕たちを引き寄せた

Down into this sailor’s tale
damned before the storm
and into the gyre we’ll go
I think I feel the Maelstrom’s tug
on our ship, my mind and my soul…

この船員の物語に降りてゆく
嵐の前に呪われた
そして渦の中へ僕たちは行くだろう
僕は大渦巻きの引きを感じていたと思う
僕らの船の上で、僕の心で、魂で…

FLOTSAM(遭難船の漂流物)

OH, PROTEUS – A Prayer(あぁ、プロテウス – 祈り)

All is broken…
our ship is sunk in the deep forever
all lost and gone
men crowd the boats frail upon the churning seas

全ては破壊された
僕たちの船は永遠に深みに沈んだ
全ては失われ、去って行った
男達の群衆、船はかき回される海の上でははかなかった(もろかった)

Such a proud vessel, lost and gone
in the depths forever
now the sun is gone and we’re lost in the fog -
directionless, alone

それほど誇り高い船、失われ行ってしまった
深みのなかへ永遠に
今太陽も去り、僕たちは霧の中で迷っている
目標がなく、独りぼっちだ

Oh, Proteus – old man of the sea
oh, Proteus – I give my soul to Thee

あぁ、プロテウス- 海の老人よ
あぁ、プロテウス – 貴方に僕の魂を捧げます

Oh my mates, what’re the adds we shall
ever reach our homeland?
what will become of us now?
oh, how I wish I knew if
sun will still shine, and will keep us in heat and life
or if darkness it will freeze us and the open sea – our paradise
became hellish Limbo, and turn into the bane of our lives:
a desert of torment: an ocean of thirst and madness

あぁ、僕の仲間達よ、僕たちは何を付け加えるべきだろうか
いつか僕たちの故郷にたどり着くためには?
今、僕たちに何がやってこうようとしているのだ?
あぁ、どれだけ知っていたらと願ったことだろう
もし、太陽がまだ輝いていて、僕たちを暖め続け、生かしておいてくれたら
それとも、暗黒が僕たちを凍らせ、開かれた海へ – 僕たちのパラダイスは
地獄のようなリンボになり、僕たちの命の破滅へと変わってゆく:
苦悩の報い:渇いて狂乱の海

Oh, we must row – put your weight on the oars
oh, we must pull as if everything depended on it
let us sing a song while we bend to the task
let us set the course by the stars
and let us row and save our lives
with our bare hands, there is no choice -
no easy way to cheat Fate and survive this
we must take charge and find our own way out…

あぁ、僕らは漕がなければならない – お前の体重をオールにかけて
あぁ、全てはそれにかかっているかのように、僕らは漕がなければならない
骨の折れる仕事に服従しているあいだ、歌を歌わせてくれ
星によって進路を向けさせてくれ
漕がせてくれ、そして僕たちの命を救ってくれ
僕たちのむき出しの手で、他の選択肢は無いのだ -
運命を欺き、これを生き残る簡単な方法はない
我々は義務を負い、自らの出口を見つけなければならない

SCULLS IN LIMBO(リンボの骸骨)
注:Limbo(古聖な所、天国と地獄の中間)

LA LETHE(ラ・レーテー)
注:『ギリシャ神話』レーテー:黄泉(よみ)の国を流れる忘却の川;その水を飲むと過去を忘れる.

OH, PROTEUS – A Lament(あぁ、プロテウス – 嘆き)

What’s with this ocean we’ve crossed?
how can anything behave so
strangely… unnaturally…
something here is wrong…
still hunger is gnawing, and I feel my mind is going slowly
this numbness… no it won’t be long now before I slip into despair…

僕たちが渡って来たこの海と何があるというのか
何もかもがどうしてそのような振る舞いができるのか
妙だ…不自然だ…
今もなお空腹は苦しめる、そして僕は自分の心が緩慢になっていってると感じる
この無感覚…いや、僕が絶望に陥るのもそう遠くはないだろう…

SHARKS(サメども)

Fifty days, all of the water’s gone
no respite from under the cold white sun
indifference, parched gums and swollen limbs
nothing moves but the fins of the sharks that swim
endlessly – dark shadows that roam the deep
stalk our wake and haunt our sleep
so ghastly white…

15日間、全ての水は去っていった
冷たい白い太陽の下では息抜きはない
冷淡な無関心、ひからびたゴムにふやけた肢
何も動かないけれど、泳いでいるのはサメのひれ
絶え間なく – 深みをうろつく暗い影
僕らの船の通った後を追い、僕たちの睡眠をさまたげる
ぞっとするような白さ…

So quiet, accepting – their gentlemen’s breeding shows well
they circle their servants like sharks…
as one man, united, they drew lots and decided
it’s my turn to give up my life
for kingdom, for country, for their polite society…

とても静かだ、受け入れよう – 奴らの紳士のしつけが物語っている
奴らは奴らの使用人達をサメのように配置した
ひとりの男として、団結し、彼らはたくさんの決心をした
自分の人生をあきらめる番だ
王国のために、国のために、彼らの洗練された社会のために…

We ventured to find the hollow earth
but all that we found were the hollows
on our souls
screaming for subsistence, gnawing, devouring…
to give my life to give them their lives?
such preposterous hypocrisy I cannot abide
oh no I will not go quietly…

我々は空虚な土地を探すために危険を冒した
しかし、我々がみつけた全てはむなしさだった
我々の魂の中の
生存の為に叫ぶ、苦しめる、むさぼり喰う…
彼らに生を与える為に自分の生を投げ出す?
そんなばかげた偽善、耐えられない
いいや、僕はおとなしくは行かないだろう

Fool them before they can see you’re no nominee
make them think it’s a jinx and make them agree
make them fear, make them dread and
get them to wait just an hour, a minute, a second…
blind them before they can see, before they can flee
tie their hands tie their feet, their power’s a deceit
teach them class, blood and breed’s no
acquittal or grounds
for deeds abhorrent to enlightened man!

お前は指名されたものではないと奴らがわかる前にやつらをだまそう
それはジンクスだと思うように、認めるように
奴らをおびえさせ、怖がらせ、そして
やつらが待つように、1時間ばかり、1分、1秒…
奴らがわかるまえに目をくらませろ、やつらが逃げだせる前に
奴らの手を縛り上げろ、足を縛り上げろ、奴らのパワーはまやかしだ
奴らに階級をおしえてやれ、血と血統は
無罪でも根拠でもないと
懸命なやつらに虫酸の走るような行動を!

MUTINY!(反逆!)

I’ve had enough, you have no leverage
I’ve watched you haemorrhage the goodwill of your crew
now your full moon is waning:
your control is slowly draining away
your stale old ways bred hate and discordance
your brutish arrogance has left you powerless
at the end of our tether, we are getting it together
so relinquish the tiller, it’s gone way too far…

僕は十分経験した、お前に行動力はない
お前が内部出血してるのをみていたんだ、お前の船員の善意
今、お前の満月は青白い
お前の支配力はゆっくりとしだいに消えていっている
お前の陳腐な古いやり方は強い憎しみと不協和音をはらんでいる
お前の残忍な傲慢さは去り、お前を無力にした
僕たちの限界の最後に、僕たちはそれを一緒に手に入れつつある
だから、帆船を放棄する、あまりにも遠くにいってしまった…

Non serviam! – this is mutiny
we will not stand for your ascendancy
no more blind obedience
your kind is headed straight for obsolescence

僕はお前には仕えない! – これは反逆だ
我々はお前の支配力の側には立たない
盲目の服従はもうたくさんだ
お前そのものは単に陳腐になっていってる

Now you’ll know how it feels to be a slave
you’ve dug your own wet grave refusing to behave
in the style that’s expected from the wealthy and protected:
like your gentleman idols you’ve sunk way too deep

今、お前は奴隷であることがどんな感じかわかっているだろう
お前は行いを拒絶することによって、お前自身の湿った墓を堀ったのだ
金持ちで保護されていると思っていた暮らしぶりから:
お前の紳士のアイドル達のように、お前はあまりにも深く落ちてゆく

Non serviam! – this is mutiny
we will not stand for your ascendancy
no more blind obedience
your kind is headed straight for obsolescence

僕はお前には仕えない! – これは反逆だ
我々はお前の支配力の側には立たない
盲目の服従はもうたくさんだ
お前そのものは単に陳腐になっていってる

Damn you sir, and damn your etiquette
the blood red moon has set and you’re not here for long
I’m no gent, but don’t take me a fool,
I serve no master and won’t obey your rules
you’re a cheat and faker
to the devil with your soul…
We ventured to find the hollow earth
but all that we’ve found are the hollows in our souls…

くそったれなご主人様、おまけにくそったれなお前の礼儀
血を流す赤い月は用意され、お前はここに長い間いることはないだろう
僕は紳士ではない、けど僕を馬鹿にするなよ
僕は誰にも仕えないし、お前のルールに従いやしない
お前はペテン師でいかさま師
お前の魂の悪魔のためだ
僕たちは空虚な土地を探すために危険を冒した
だけど、僕たちが見つけた全ては僕らの魂の中のむなしさだった

…INTO THE MYSTIC(神秘の中へ)

It was a hopeless try
but I couldn’t just lay down and die
I hope someone some day will see
the only one noble left in that God forsaken boat was me
This far from home only monsters roam
not Hollow Lands, just Hollow Man…
Although I hate these memories so
I’ll take them with me when I go
staring Death in the face
deep into the mystic I gazed…

それは希望なき試みだった
でも僕はただ横たわって死ぬことは出来なかった
誰かがいつの日か
神に見捨てられたボートに気高くのこっているたった一人が
僕だとみつけてくれればと願う
家から遠く離れ、ただの化け物の放浪だ…
空虚な土地ではなく、空っぽの男だ…
けれど、僕はこの全ての記憶を憎悪している、だから
それらを僕といっしょに持って行くだろう
僕の顔に死があきらかなときに
僕がじっと見ていた神秘の中へ深く…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>