やはり資金繰りはきびしいようです。

昨年か一昨年も地元紙にMotorpsycho Manaqgementの財政状況についての記事が出ていましたが、今年も出ていました。やはり相当財政的には厳しいようで、マイナスが出ている模様。何せ、記事のタイトルが”Minus for Motorpsycho”。さらには、彼等の持ち株の25%を売りにだしているとも。前回の記事ではその結果を受けて秋のツアーを決めた(ただし、ノルウェイ国内のみで、国外に向けてはアナウンスされたなかった)ということもあったのだけど、このあまりに素早い秋のヨーロッパツアー決定もその辺りが要因なのでしょうか。彼等の場合、ノルウェイ国内では珍しく、言っては何なのですが、ほぼ家内制手工業。外部のマネージメントなどの手を借りずにずっとやってきているわけです。それは自分たちの思うように出来るという反面、思うように稼げないというシビアな現実もあることでしょう。端からみてるとあんまりにものんきだよね…とも正直思うのですが、このスタンスを彼等がどうとらえているのか、バンド自体もとても前向きな今、バンド自身ではなく、周りの環境も変化してゆくのか…未だに彼等自身のサイトも持たず、ファンの口コミで物事が知られてゆくという変わったバンドはこういった現実に今後も立ち向かってゆくのだとは思いますが、願わくば、もう少し彼等にもラクさせてあげたいなという気持ちだったり。こういう記事が出る度にため息がでるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>