DVDについて(pt.3)

ネットでリアルタイムでもストリーミングされたオランダはアムステルダムのライブについては前に少し書きましたが、DVDに収録されたものを改めて見るとあまりの凄さに圧倒されました…。この時期についてはこの4人のラインアップで3年くらいたった頃で、このメンバーでのピークだった、とライナーに書かれています。もちろん、現在とは違います。キーボードがかなり活躍していて、この時期のライブも非常に面白かったというのは事実です。やはり思ったのは、基本的なところは本当に変わってないんです。長年親しまれている”Hogwash”もアレンジを変えつつ、しかし、その曲のもともと持っているものは確かにあるものの、そこからライブ上で広がってゆく部分などは現在も進化し続けているんです。この時期、おそらくはGebもまだMPで演奏することに情熱を持っていた時期で、ポップなアルバムを出しつつもやっぱりライブではこうなってしまうというこのバンドのコアな部分がまざまざと見て取れると思います。はたまた、ライブでどういうタイミングで曲が変化してゆくのか、メンバー同士のアイコンタクトなどもいくらか見れますので、面白いと思います。それにしても…なんというライブをやるバンドなんだろうというのはやっぱり思ってしまうわけです。自分でも笑えるんだけど、30回以上見たのに未だに次はどんなことになるんだろう、と思ってしまう魔力みたいなものは現在も確実にあるわけです。その全てではないにしろ、彼等のライブを知らない人にとっても何だこれ!と思うものはこのDVDに収められているライブからも得ることは出来ると思うのです。

このライブを見るだけでも買う価値のあるDVDかもしれません…いや、ビデオクリップもめちゃくちゃ面白いんですけどね…。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>